現在の買い物かご現在の買い物かご
■サポートセンタ
ギフト商品特集ページ


読んでトクする
藤村屋のメルマガ
瓦版
購読は↑こちら
 
All About Japan おすすめメールマガジン
二年連続受賞!
最新情報をRSSで配信中
rss配信中
↑クリックして下さい


お届け日についての詳細
詳細はこちら
5,000円以上お買物でマイルプレゼント
SSL暗号化
当ウェブサイトからの個人情報の通信はSSLで暗号化され、改竄・漏洩することが無いことを保証いたします
個人情報保護方針
当店では高度なセキュリティを構築し個人情報を保護しております
→詳細

祇園藤村屋営業日カレンダー


祇園観光案内
 
八代目日記

Follow fujimuraya on Twitter

チャレンジ25

FOOD ACTION NIPPON


文字サイズ変更:

京のおばんざいって何どすやろ?
おばんざいちゅうのは京都弁で[日常のおかず]の事ですねん。 盆地で交通事情が悪かった昔の京都では、あんまり鮮度のええ食材が入手できひんかったもんですさかい、知恵を使ってうまい[おばんざい]を考え出したんですわ。
そんな京の伝統的な[おばんざい]、ほんの一部ですけどご紹介します。

324円 (税抜)  クール便発送

「なんで京都で鮭?」と思ったはるでしょう。 

京都は内陸地やから昔は今みたいに交通の便が良くなかったさかい、新鮮な魚は食べとうても食べられへんかったんや。
そこで昔の京都人は、若狭からサバに塩をして運んで「鯖寿司」にしたり、身欠き鰊を東北から運んで「甘煮」にしたり、瀬戸内からハモを運んで(鱧は生命力が強いので活きたまま)「鱧の落とし」にして食べましたんや。 

新鮮な物が手に入らへんさかい知恵をしぼって、手間をかけてましたんや。せやさかい今でも塩干ものにはちょっとうるさいんですわ。

うちの塩鮭は北海道の本鮭しか切ってまへん。 近所の料理旅館5、6件に納めなあかんさかいしょうもないもん売れしませんねん。

 「最近の鮭は美味しないわ」と思う人、 贈り物でしょうもない鮭貰って処分に困った人、一回うちの鮭食べてみとくれやす。

当店の塩鮭をお買い求めの時は甘口=中辛、辛口=大辛とお考えの上ご注文下さい。

昔の鮭の味が忘れられんという方にお勧めします。

[開封前消費期限] 約1週間
[原材料] 紅鮭 荒塩
[内容量] 一切れ約70g
[加工地] 北海道(ロシア)
[お買上の目安] 一人前
[ギフト対応] 対応可

ご注文 本塩鮭切り身 甘口
切