当サイトの更新は終了しております お買い物のお客様は藤村屋の新しいショップでおいでくださいませ
新店舗 https://fujimuraya.com


現在の買い物かご現在の買い物かご
■サポートセンタ
ギフト商品特集ページ


読んでトクする
藤村屋のメルマガ
瓦版
購読は↑こちら
 
All About Japan おすすめメールマガジン
二年連続受賞!
最新情報をRSSで配信中
rss配信中
↑クリックして下さい


お届け日についての詳細
詳細はこちら
5,000円以上お買物でマイルプレゼント
SSL暗号化
当ウェブサイトからの個人情報の通信はSSLで暗号化され、改竄・漏洩することが無いことを保証いたします
個人情報保護方針
当店では高度なセキュリティを構築し個人情報を保護しております
→詳細

祇園藤村屋営業日カレンダー


祇園観光案内
 
八代目日記

Follow fujimuraya on Twitter

チャレンジ25

FOOD ACTION NIPPON


文字サイズ変更:

京漬物は何故もてはなされるのでしょうか
古くから都であった京には全国より、よりすぐりの野菜が献上品として集まってきました。そんな野菜をさらに交配して最上級の品種として安定させたのが京野菜、京野菜を長期間楽しむ為に加工して出来上がったのが京漬物どす。
美味しゅうて当たり前なんですわ。

444円 (税抜)  クール便発送

京都は加茂産のすぐき蕪を塩だけで漬込んだ本物のすぐきです。 リブレ乳酸菌が豊富という事で今や健康食品扱いですが、わたしら食材屋にしたら、痩せる効果云々より美味しゅう召し上がって欲しいちゅうのが正直なトコです。

蕪の部分は厚切りに、葉っぱの部分は刻んでお召し上がり下さい。 リブレ乳酸菌によるその酸っぱさは、妙にご飯が進みますし、ワインなんかともよく合うんでっせ。

ただすぐき蕪には独特の「クセ」がありまして、これが口に合わん方は、醤油などで味付けした刻みすぐきをお求め下さいませ。

[開封前賞味期限] 約1ヶ月
[原材料] すぐき蕪 食塩
[内容量] 一個
[加工地] 京都府産
[お買上の目安] 2〜3人前
[ギフト対応] 対応可

ご注文 京都上賀茂すぐき(小)
袋  
 
 

すぐき漬のできるまで

すぐき畑

京都上賀茂は、今は宅地化されておりまして住宅街になっておりますが、昔は上賀茂神社の近くにも多くの農家があり、秋にはこのようにすぐきを植えておりました

すぐきの葉

みずみずしいすぐきの葉、すぐきの漬物はカブの部分がメインですが刻んだ葉もとても美味しいのです

すぐき蕪

田んぼからひいたばかりの泥つきのすぐき蕪

すぐき蕪

土付きのすぐき蕪を冷水で綺麗に洗います
すぐき蕪は油揚げと炊いたりしても美味しいのですが、ほとんどが漬物にされるため京都でも野菜として市場に出回ることはほとんどありません

すぐきの漬け込み

すぐきの原料はすぐき蕪と塩のみ、乳酸菌発酵でリブレ乳酸菌たっぷりの美味しいすぐき漬が出来上がります
大樽にすぐきと塩を入れおもしをかけます
蓋の上にはすぐきから染み出した水分がたまってます

すぐきをムロに入れて発酵

大きさ別に樽に入れムロで24時間発酵を進め、取り出して約一ヶ月自然発酵させます

漬け上がったばかりのすぐき

漬け上がったばかりのすぐき
真っ白だった蕪の部分は発酵し乳白色に仕上がりました

通常販売されてるすぐきは三ヶ月程度の賞味期限が記載されておりますが、年に一度しか収穫製造がないすぐきには本来賞味期限が無く、漬け上がりたてで歯ごたえ良くさっぱりしたすぐきも美味しいですが、日が経ってヒネて酸味が増したものもまた格別の味わいがあります